お問い合わせ・ご相談
原状回復工事

原状回復工事業者の選び方

良い業者の特徴
適正な価格
対応が早い(特にクレーム対応)
明朗会計な見積書(大雑把な見積りはNG)
知識・経験が豊富
熱心な社員教育
明確な方針、ルールに則って業務を行っている
他には無い独自のサービスがある
一般的に、賃貸物件の原状回復工事を行う業者は、大きく3つに分類できます。
1.建設会社や工務店  2 .職人さんや専門工事業者  3.原状回復に特化した会社
1.建設会社・工務店
工事の大半を下請け業者に外注するため、一般的にコストが高くなる傾向があります。また、入居中物件の修繕工事や緊急を要する対応などには自社施工体制が整っていないため対応できない場合が多いです。
2.職人・専門工事業者
職人さんや専門工事業者を利用する場合は、管理会社様ご自身で分離発注をされていることと思います。 専門工事業者や個人で経営しているような小さな工事業者は価格は安いですが、業者間の調整や、現場での施工管理が管理会社様の負担になります。また、繁忙期などで工事が重なるとスピードや対応力が問題になってきます。入居中の修繕工事などでも礼儀礼節を欠き、入居者様とトラブルを起こしてしまう職人さんもいます。
3.原状回復専門業者
原状回復工事を専門に行うプロムレットはここにあたります。
また、自社で抱える職人さんの多能工化(一人で複数種類の施工が出来る職人)やちょっとした雑工事であれば営業マンが行うなど、低価格で迅速に対応できるための社内体制を整えています。また、原状回復工事は季節による繁閑が大きく、春先の繁忙期には退去から次の入居までの期間が2~3日しかないというような状況もありますが、どんな状況であれ、ご依頼頂いた案件に対しては高い施工技術と柔軟な体制を活かし、早期完工をお約束致します。

工事の流れ

1.お電話またはメールにてお問い合わせください。
まずは、お電話またはメールにてお問い合わせください。 お問い合わせ頂いた内容から最適なスタッフを選任しご対応致します。
2.退去立会が必要な場合は、立会日時をお伝え下さい
退去立会が必要な場合は、事前にお知らせ下さい。 退去立会が不要な場合は、即時見積もり作業に入らせていただきます。
3.原則48時間以内にFAXまたはメールにてお見積書を提出
弊社の見積もりは、補修が必要な箇所の工事を全て含んだ形のものとなります。 また、見積書の内容は細部まで採寸し正確な見積もりをご提出致します。
4.見積書の項目の中から"不要な工事"をお伝え下さい
場合によってはお客様に取って不要な工事も含まれる場合がございます。 予算のご都合や工期など物件ごとに必要な工事を取り決めて工事を行います。 もちろん、その他のご相談もお気軽にお申し付けください。
5.着工
工事に掛かる日数は工事の内容、時期(3月から5月は工事が大変混み合います)によって多少のばらつきはありますが、どこよりも速いスピード対応を常に心掛けております。
6.弊社営業担当者が現地確認をした後、担当者様に完了報告
弊社規定の工事完了検査を実施しております。
7.カギのご返却と請求書の発行
お支払いは原則請求書発行日より30日以内とさせていただいております。

原状回復施工事例

フローリング工事
張替え前の様子です。既存材のじゅうたんに家具跡や色褪せがみられます。
目地のバランスを考慮しながら丁寧に張り込んでいきます。
新しい巾木を張り完成です。
壁穴クロス 補修工事
張替え前の様子です。下地ボードにおよそ15×15cmの穴が空いています。
開口部と同じサイズの石膏ボードをはめ込み、上からビスで固定します。
ファイバーテープを貼り、パテで平らにします。パテが乾けばクロスを貼り完成です。
施工事例と料金
【築年数】27年 【間取り】1DK【構造】RC【専有面積】33.0m2
【プラン・施工金額】
和室を洋室へ変更 65万円
【コメント】
キッチンと洋室の仕切りを無くし、和室を洋室変更しました。濃い木目調のフロアタイルと全面の白い壁のシンプルな組み合わせですが、建具と巾木お部屋を黒く縁取ることで引き締まったモダンテイストな空間を演出しています。洋室変更したお部屋の壁一面にはビビッドオレンジを配色し、明るくて元気な印象を作りました。

 

原状回復工事なら株式会社プロムレット
お見積り依頼はこちら