お問い合わせ・ご相談
プロムレット4つの強み

賃貸物件の【原状回復工事】と【リノベーション】に特化した内装工事会社です!

自社に職人を抱えて年間1000室以上の原状回復工事を行っています。
退去立会から原状回復工事までを一貫して請け負うため、退去からお引き渡しまでの時間の短縮ができ、工事コストの削減にもつながります。
退去立会から見積書の作成、工事スタッフの手配、完了点検までを専任の担当者が行いますので、不明点や不必要な工事などの発生もなく、すべての工程を安心しておまかせ頂けます。
賃貸経営は費用対効果を考えた工事が必要!
工事にお金を掛けすぎてもいけない!
しかし必要な工事をしないと入居は決まらない!
収益物件の原状回復とリノベーションに特化している弊社だからそのバランスが分かります。
ぜひお問い合わせください。

デザインを取り入れた内外装工事で築古物件をオシャレに再生するのが得意な会社です!

多くのマーケティングデータと実績を基に、入居者に選ばれるオシャレなデザインのお部屋をご提供致します。せっかくお金をかけるのに、どこにでもある様な差別化できないお部屋にすると新築物件ひしめき人口が減っていくこれからの賃貸市場において、入居者から選ばれ続けることは不可能です。
築年数が経過し、物件が古くなればなおさらです。年齢や性別、ライフスタイルによって入居者の好みは分かれます。
物件が醸し出す雰囲気に合わせて、その物件の魅力を最大限に引き出すデザインも必要です。
弊社は徹底したマーケティング調査に基づき、入居者から人気の高い色使いや、間取り、設備を取り入れたデザインで即満室へとつなげます。
その結果家賃を上げて入居者を決めることも可能となるのです。

買付・指値のスピード勝負に備えて、工事見積もりをスピーディーにご提出致します。

物件によっては、購入と同時に内装工事や外装工事が必要な物件もあります。
優良な物件ほど、指値のスピード勝負になりますので、素早く工事見積もりを取得することは非常に大事です。
しかし見積もりを取得しようにも、工事会社の知り合いがいない。金額の相場がわからず、相見積もりを取るため時間が掛かる。賃貸物件の工事に慣れていない工事業者だと、費用対効果を無視した実需エンドユーザー向けの過剰な工事内容や工事金額を提案される。こういった理由で利回りを下げたり、物件が購入できなかったりと、損をしているオーナー様がたくさんいらっしゃいます。
弊社はもともと収益物件に特化した内装工事会社です。
現在も原状回復工事から大規模改修工事などの内外装工事を年間1000件以上行っております。費用対効果を考えた、適切な工事見積もりが早期に取得可能です。

当社は満室経営プロセスを熟知し、収益の最大化をお手伝いする会社です!

弊社代表の豊島は
元銀行員
自身も収益物件を3棟所有する現役不動壇オーナー
内装工事事業部は年間1,000室以上の原状回復工事をこなす
など、不動産経営の入口から出口までを熟知した不動産経営のプロでもあります。
また、社内には豊島の他にも元銀行員、FP技能士、大工やクロス職人など収益不動産に関わる専門家が複数在籍しており、不動産経営における資金繰りのご相談から、売却、購入、大規模改修工事、金融機関との折衝や資金調達まで行っております。
例えば改修工事の見積もり金額が「高いか安いか」だけでの判断では、費用対効果を見誤ります。
入居を決めるために絶対に行う必要のある工事項目は何か。
逆に行う必要のない工事項目はどれか。所得税対策やデッドクロス対策を含め今期に行うべき工事は何か。
など財務や税務の観点からも検証して改修工事を行うことで、長期的に安定した不動産経営が可能となります。さまざまな築古物件を満室にしてきた社外秘ノウハウは100をこえます。
オーナー様目線で不安に寄り添い、不安を安心に変え、収益の最大化を実現します。
プロムレットの不動産経営コンサルティング
空室がなかなか埋まらない
お金をかけてリフォームしたが入居が決まらない
銀行から追加融資がなかなか出ない
金利の引き下げ交渉ってどうやるの?
年間の資金繰りを把握したい!
相続税ってどれくらいかかるの?
贈与したい時、どうすればいいの?
仲介業者から家賃値下げ交渉が多い
家賃が年々下がって収入が減っている
敷金・礼金が取れなくなってきた
増えてきた所得税、どうしよう・・・
計画的に修繕をしたい!
法人化のタイミングを知りたい!
家賃収入が減って銀行への返済ができない
プロムレットでは大家様の悩みを解決する為にはどういった方法があるのかをしっかりヒアリングし、資金繰りのご相談から、新規アパート建設・リノベーション計画の投資効果検証、資金調達まで、元銀行員、不動産経営に精通したファイナンシャルプランナーが幅広く不動産マネーに関する大家様の最善の選択を後押し致します。 また、希望される大家様には下記の様なコンサルティングメニューもご用意しています。
詳しくは株式会社プロムレットまでお問い合わせ下さい。
株式会社プロムレット コンサルティングメニュー
1.物件ごとの損益収支管理
①毎月の月次会計処理
②年内に今年の所得税対策!
③物件ごとに予算を管理
④適正な修繕計画が可能!
2.資金繰り対応
①物件ごとの余剰金を把握
②税金を含めた全体のお金の流れ
③大規模修繕の資金調達
 
3.法人化のご提案
築年数が経過するにつれ、所得税や相続税の負担が大きくなる為、法人を使った対策が有効!
4.相続税の試算&ご提案
路線価の改定をもとに相続税を試算し贈与を含めた、相続対策をご提案!
 
個人年間スケジュール
法人の場合は個人とは別に決算月に合わせてスケジュール作成いたします。
1月~3月 4月~6月 7月~9月 10月~12月

年間損益計画

年間資金繰り計画

相続・贈与計画

決算対策

前年の会計をまとめ、決算書作成のお手伝いをするとともに今年の損益を計画。

・決算書の作成
(※提携税理士による申告書の作成等)
・費用項目の見直し
・専従者給与改定など

住民税や固定資産税を含めた資金繰り(4月~翌3月分)を作成し合わせて修繕計画を立てる。

・資金繰り状況の確認
・資金繰り改善計画

路線価をもとに資産の評価替えをおこない相続税を試算。

・相続税試算
・贈与計画
・保険の見直し提案
・法人化計画

9月までの収支状態に応じて今年のうちに所得税対策を立てる。

・設備投資立案
・未収金の対応
・修繕計画

主な対策方法
対策内容メリットデメリット
・家賃値引
・礼金・敷金無料
・初期費用値引
・入居が決まる可能性がある
・手間がかからない
・すぐに実行できる
・収益が下がる
・入居者の属性が下がる
・競合相手が多い
・広告料UP
・リフォーム・リノベーション工事
・設備投資
・入居希望者への訴求力アップ
・物件の価値が上がる
・入居者の属性が上がる
・費用がかかる
・投資効果が不透明
・費用がかかる
・ペット可
・インターネット無料
・各種キャンペーン
・入居希望者への訴求力アップ
・すぐに実行できる
・費用がかかる
・一度限りの対策で持続可能ではない
・銀行への返済期間の延長交渉
・新たな物件を購入する
・一時的に返済が楽になる
・一時的に節税になる
・根本的な問題を解決せずに安易な条件変更をすると、その後追加融資を受けることが出来なくなる
・金融機関との関係が悪化し支援体制が無くなる
上記表からデメリットも多いことがわかります。
原状回復工事なら株式会社プロムレット
お見積り依頼はこちら