お問い合わせ・ご相談
2017年12月20日
トイレタンク内部品交換工事

プロムレット工務の柿原です。

工事部初ブログいただきましたーー(#^.^#)

先日対応した、修理をアップします。

トイレの水が出つづけてるとご連絡をいただき、かけつけました!

 

現場につくと、確かに止水ができていなかったので、

便座の後ろにあるタンク内をチェックしました。

するとどうでしょう(/・ω・)/

 

↓下の写真のようになってました。

(まずは部品の説明からご覧ください)

左側の銀色の金具、黒いゴムホース、

青色の部分をボールタップと呼びます。

ボールタップとは浮き玉のついた蛇口です。

中央下にある黒い部分をゴムフロート(栓)と呼びます。

右側の茶色(錆)の細い金具がレバーの部品になります。

作業前の状況では、ボールタップの金具が錆びついているため

浮きが綺麗に上がりきれず、水が出続ける状態でした。

またゴムフロートも劣化で消耗しており

止水しきれていませんでした。

レバーは錆により固着しておりました。

上の写真が作業前です。

↑タンク内部の金具が錆びついて

元に戻らない状態の写真です。

↑同メーカーのレバーに交換しました。

左側の白い部分(浮き玉)から

銀の金具(本体)まで1式交換しています。

中央下の黒いゴム栓も交換しています。

右側の金色の金具がレバーの部品になります。

工事前は水が流れっぱなしの状態でしたが、

水も通常の状態になっています。

 

このような工事でも、プロムレット工事部の柿原が

すぐに駆け付けますので

お気軽にお問い合わせください(^_^)

ご連絡お待ちしております。

 

 

 

原状回復工事なら株式会社プロムレット
お見積り依頼はこちら